超音波観察装置について

超音波画像観察装置はH28年から取り入れています。

6年目ですが、とても判断材料に役立つツールです。

超音波のフルデジタル化に伴う画像構築技術の進歩、高周波プローブの出現により、超音波観察では、CT.MRIを上回る高分解画像が容易に得られるようになりました。

例:MRIの分解能:0.6㎜  超音波の分解能:0.2㎜  この差は離断性骨軟骨炎の判断に有用です。

 

 <デジタル超音波観察の利点>

1)妊婦さんも急性のケガのとき、観察することができます。

2)急性のケガの骨、靭帯、関節内の水腫などを観察することができます。

 <超音波の弱点>

⒈)術者の技量に左右される。

⒉)骨の中が見えない。

⒊)レントゲン検査やMRI検査に比べて、全体的に観察する事に適していない。

 

本日院の前で歩けなくなった方がいました。一時間前に転倒され、病院に向かう途中の方です。

脚の腫れ、下肢長の差も左右大きく、骨盤や大腿骨頸部骨折を疑いました。

 

DSC_0407_TEMP

地域の基幹病院に電話しましたが、満床で断られ、救急搬送をしました。

DSC_0408_TEMP

大腿骨頸部エコー

x230123–111950_20230123_Superfic-U-_Leg_0001