シンスプリント(MTSS)と疲労骨折(SF) は初発から別物?

こんにちは

近畿総体終了し、自己記録(PB)を更新された選手は故障が起こる可能性が高いので身体のケアが必要です。

表題にあげました、

「シンスプリント(MTSS)と疲労骨折(SF) は初発から別物?」という疑問ですが、結論から述べますとシンスプリントがひどくなって疲労骨折に変わるという説と初発から別物という説とまだまだ議論の途中のようです。

私は最初から別物かと考えております。

医師や我々整骨院が重度のシンスプリント(骨膜炎)の方に無理をしてはいけないと釘を刺す為に、無理し過ぎたら疲労骨折になるよと言う場合はあります。

両者の病態は、やはり違います。

疲労骨折は骨皮質の損傷。

シンスプリントは骨膜や腱膜、筋膜の損傷  。

骨と軟部組織の損傷で病態が違うとやはり運動の制限も異なります。

当院ではシンスプリント(MTSS)の方に以下のように、就寝中も筋膜や腱膜が緩む矢印の方向に弾性包帯を巻いて、血流を保ち回復を促すを対処します。

 MTSSで痛めやすいヒラメ筋や後脛骨を骨に寄せるように程良く巻くと良いです。

ご相談お待ちしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です